長年悩んだ顔ニキビ

思春期真っ只中、いつの間にか頬とおでこがニキビだらけになっていました。
中学生の頃は全く気にした事のなかったニキビが、高校生のいつ頃からか1つでき、治ってはまた新しくできての繰り返しでした。
ニキビ用の化粧品はたくさん使いました。安いものから、高校生にはかなり高価な美容液まで。
それでも頑固な私のニキビはまったく治る気配がありませんでした。

母にも薦められ、大学生の頃から皮膚科にも通いだしました。飲み薬と塗り薬を処方され、少し落ち着いたように思えました。しかし、薬を止めるとすぐにできてしまって完治したとはとても言えない状況でした。

大学時代にはエステも通いました。化粧品と施術で数十万の契約をして、足繁く通いました。それでも全然良くなりませんでした。結果途中解約し、それ以降エステに通う事はありませんでした。

社会人になってからもニキビは相変わらずで、ストレスのせいかむしろひどくなっていたように思います。仕事時間もシフト制の為に不規則だった事も減員の1つだったのでしょう。

接客業だったのでたくさんの女性を相手にしていたのですが、私のようにニキビがひどい方はあまり見かけず、何故わたしばかりがこんなにニキビができるのだろうと日々辛い思いをしていました。
ニキビだけでなく、赤くなったニキビ跡はファンデーションでもコンシーラーでもなかなか消えず、メイクしたては消えていても、厚塗りのせいかすぐ崩れてしまうし、こまめに化粧直しをしないといけないのも辛かったです。
スッピンの顔を鏡を見るのも相当辛かったです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *