ニキビ予防のために日頃から気を付けること

ニキビはやはりできてからでは治りが遅いです。普段のケアを怠らないことで、ニキビができないようにすることが一番大事です。

まずは、腸内環境を整えることでニキビができにくくなることをお伝えしたいです。便秘だと、ニキビができやすい状態にあります。また、睡眠をしっかりとらないと便秘になりやすいです。日ごろの、体調を整えておくことが即決だという訳です。食物繊維の多いものやビタミン豊富なフルーツを食べることは有効です。食物繊維の多い食品といえば納豆やひじきですよね。筆者は、ひじきを心がけて摂取するようになってから、突然できるニキビの数が減りました。フルーツではイチゴやキウイがおすすめです。ここでよく疑問にあがるのが、ひじきばっかり食べていたらまたはイチゴを毎食食べていたらニキビはできないのかという疑問です。答えはNOです。腸内環境は善玉菌と悪玉菌のバランスが大事ですので、たとえ良い食材でも偏食はあまりおすすめできません。バランスの良い食事がベストです。

つぎは、ニキビに紫外線は天敵だということをお伝えしたいです。筆者が石垣島に旅行にいって太陽サンサン浴びて焼けてしまったその日に何もケアをしなかったことを今でも後悔しています。まず紫外線を浴びることがニキビになりやすい要因ですが、生きていく上で紫外線を浴びないわけにはいきません。時には海に出かけたり、マリンスポーツをしたりしたいですよね。ここで強調してお伝えしたいことは、焼けたあとの対処です。日焼けしたその当日に美白成分配合の化粧水をしたりマスクをしたりケアを行うことで肌の沈静が保たれます。日焼けして紫外線を浴びた肌は数か月後ニキビが出てくる可能性が非常に高いので、直後のケアを忘れないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *